検索
  • INFO WO

ここを直すこと!(女性編)

願望だけでいっぱいの女性は、この人と思える方となかなか巡り合うことはできません。自分が相手に何を与える事ができるのかを意識せず、求めてばかりの自己中心的な考えで上手くいくほど婚活は甘くありません。



お見合い相手探しをする時、システムで会員さんの一覧を見ると、魅力的な男性は沢山いるように見えますが、見た目やプロフィールが魅力的な男性には、女性のお見合い申し込みが殺到しています。競争率が激しい事をまず理解した上で、お相手探しをする必要があります。



また、お相手探しのポイントですが、年齢幅を設定する時に、上限だけ明確にし、下限は特に設定しないで検索すると、こちらも魅力的な若い男性に目が行ってしまい、競争に巻き込まれてしまいます。具体的に年齢幅を設定する事が必要でしょう。



思いやりは大切です。一緒にデートなどをしていると、明らかに男性のテンションが低く、疲れが見える時、不快に思う女性もいるでしょう。男性が仕事疲れが出てしまっている事も多いかと思います。その点を理解して接する事も大切です。



お茶代や食事代を奢ってもらったり、多めに出してもらった時に、当然のような態度をしてはいけません。お礼はキチンと伝えて、相手の好意に対し感謝の気持ちを伝えましょう。男性は女性のリアクションを見ています。お財布を出そうとする仕草も必要です。



そして、包容力は何よりも大切です。男性は女性に対し情熱を求めるとともに癒しも求めています。情熱は相手が感じるもの、癒しは自分で与えるものです。疲れた男性をそっと包み込む優しさを持っておきたいものです。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す