検索
  • INFO WO

こういう男性とまた会いたいと思いませんか?

また会いたいと思う男性ってどんな人でしょうか。

もちろん色んなタイプの男性がいますし、また、求めすぎるのも良くありません。仮に男性が期待値よりも低い行動を取ったとして、幻滅するかどうか。

 

細かい所を多目に見て、許容する事は大切です。以下にこういう男性がいたら好感が持てるという内容を列挙していますがあくまで例です。好感が持てる行動をさらりとこなしているように見えて、努力している男性は多いのです。

まず、愚痴らない男性。特に仕事の愚痴に関しては二つのタイプに分かれます。誰にでも愚痴言う人と、仕事関係以外の人には愚痴を言わない人。愚痴はストレス解消につながり、聞き上手な女性の前ではついつい話過ぎて愚痴も言ってしまう事もあるでしょう。それほどストレスを抱えている人は多いです。愚痴の話になったら、聞いている側はキリの良い所で違う話題を振れたらいいですね。

想定外のトラブルに冷静に対処できる男性。例えば、飲み物をこぼした時に、慌てずフキンで拭いてくれて、店員さんを呼んでくれるなど。普段なかなかトラブルに見舞われることはありません。ですから、臨機応変に対応するのはかなり難しいです。過去に経験があって、それを学習しているからこその行動です。当たり前の事ではありません。

デートのお店を段取り良く予約してくれる男性。女性の意見も聞いて、行きたくなるお店を選んでくれる。中にはお店の予約をせず、待ち合わせしてからお店を探したり、チェーン居酒屋やファミレスを選んだり、がちゃがちゃしたお店を選んだりという人がいます。男性が当然のようにお店のコーディネートをした裏で、必死でお店を探して段取り良くしようという努力があります。

褒め上手な男性。自分に興味を持ってくれていて嬉しいと思う女性もおられるでしょう。一方で、人を褒めるというのは難しい事です。外見の変化に気が付いたり、会話の端々からその人の素晴らしさを見つける。まず見つけるのが難しくて、更に口に出す事は簡単ではありません。相手に関心がないのではなく、褒め上手かどうかの違いと考えて気にしない事です。

男性陣には、できる事とできない事があると思いますが、相手の事を気遣う事は誰もができるはずです。相手への心配りが何よりも大切です。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す