検索
  • INFO WO

お財布問題

結婚相談所に限った話ではありませんが、デート等におけるお財布問題というものがあります。要はどちらがお金を(多く)払うかということです。結婚相談所を通じた婚活の場合、最初のお見合いで、ラウンジでお茶をするのですが、この際のお会計は男性側が支払うというのが習わしとなっています。



もちろん、女性もお金を出しても問題ないのですが、女性に対してあまり印象がよくなく、交際まで発展しない可能性を高めます。ですのでこの場は男性が支払うことが求めらます。その際、女性の方は男性に対し、感謝の念をしっかりと表すことがマナーかと思います。



そうして二人がお見合いから交際へと発展した場合、次がデートということになるのですが、最初のデートの支払いはどうするかという第二次お支払い問題が発生してきます。ここはセオリーはありません。男性側の価値観と女性側の考えが交差して、果たしてレジの前でどのような攻防戦が繰り広げられるかは、その時にならないとわからないです。



しかしながら、この場合男性がお支払いを済ます、いやゆるオゴリが有効だと思まれます。確かに出費がかさんで痛いと感じるのも当然なのですが、ここで先陣切ってお会計を済ますというのは、ある意味アピールポイントになります。



ここでご注意頂きたいのは、女性側の対応です。おごってもらうにしても、財布を出すことはして下さいね。そうでないと、この人はおごってもらって当然なんだということで、男性のテンションは一気に下がります。ここはわかりやすいアクションで感謝の意を示しましょう。



そうやってデートを重ねていくうちに、オゴリではなく男性が多めに払うとか、割り勘にするとか、二軒目は女性の方が払うとか、色々なパターンになってくると思いますので、柔軟に対応しましょう。



男性の皆さん、オゴリは正直倍の値段がかかるから痛いと思うこともあるでしょう。ですが、もし、お見合いや最初のデートなどで、おごることになった場合は、お相手の女性の喜ぶ姿を想像し、気持ち良くお支払いしましょう。その行動はきっと女性に響くことでしょう。頑張っていきましょう。





最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所WO