検索
  • INFO WO

お財布問題

結婚相談所に限った話ではありませんが、デート等におけるお財布問題というものがあります。要はどちらがお金を(多く)払うかということです。結婚相談所を通じた婚活の場合、最初のお見合いで、ラウンジでお茶をするのですが、この際のお会計は男性側が支払うというのが習わしとなっています。



もちろん、女性もお金を出しても問題ないのですが、女性に対してあまり印象がよくなく、交際まで発展しない可能性を高めます。ですのでこの場は男性が支払うことが求めらます。その際、女性の方は男性に対し、感謝の念をしっかりと表すことがマナーかと思います。



そうして二人がお見合いから交際へと発展した場合、次がデートということになるのですが、最初のデートの支払いはどうするかという第二次お支払い問題が発生してきます。ここはセオリーはありません。男性側の価値観と女性側の考えが交差して、果たしてレジの前でどのような攻防戦が繰り広げられるかは、その時にならないとわからないです。



しかしながら、この場合男性がお支払いを済ます、いやゆるオゴリが有効だと思まれます。確かに出費がかさんで痛いと感じるのも当然なのですが、ここで先陣切ってお会計を済ますというのは、ある意味アピールポイントになります。



ここでご注意頂きたいのは、女性側の対応です。おごってもらうにしても、財布を出すことはして下さいね。そうでないと、この人はおごってもらって当然なんだということで、男性のテンションは一気に下がります。ここはわかりやすいアクションで感謝の意を示しましょう。



そうやってデートを重ねていくうちに、オゴリではなく男性が多めに払うとか、割り勘にするとか、二軒目は女性の方が払うとか、色々なパターンになってくると思いますので、柔軟に対応しましょう。



男性の皆さん、オゴリは正直倍の値段がかかるから痛いと思うこともあるでしょう。ですが、もし、お見合いや最初のデートなどで、おごることになった場合は、お相手の女性の喜ぶ姿を想像し、気持ち良くお支払いしましょう。その行動はきっと女性に響くことでしょう。頑張っていきましょう。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す