検索
  • INFO WO

お見合い相手を選ぶ基準

男性に求められる条件の一つに、収入面があります。結婚相談所を通じた婚活では、プロフィール欄に年収の項目があり、必然的にお相手が知ることができます。



女性であれば、男性の年収の多寡で、お見合い相手とするかどうかの判断基準にすることも多いでしょう。それ自体は問題ないと思います。



ただ、その人の将来性も考慮したほうが良いのかもしれません。例えばまだ働き盛りの方でしたら、将来年収が上がるかも知れませんし、何らかの資格や特殊な経験があれば、転職を機に給与アップが狙えるかも知れません。



逆に年収は申し分ないというケースで、将来リストラなどに遭ったら、そのピンチをしのぐだけのタフネスさがあるかどうか。



そういったことはプロフィールではなかなか伝わってこないことです。また、女性の方が自分でも収入を得ているかどうかも関係してくるでしょう。



単純に年収で線引きせず、その人の人間性がプロフィールで伝わってきたら、一度会ってみるというのも良いのではないでしょうか。



お見合いで会ってみて、もしかしたらすごく気が合うとか、魅力的な方だと感じることがあるかも知れません。総合的にその人の個性を知ることは、良きパートナー探しにおいては大切なことでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す