検索
  • INFO WO

お見合い相手を選ぶ基準

男性に求められる条件の一つに、収入面があります。結婚相談所を通じた婚活では、プロフィール欄に年収の項目があり、必然的にお相手が知ることができます。



女性であれば、男性の年収の多寡で、お見合い相手とするかどうかの判断基準にすることも多いでしょう。それ自体は問題ないと思います。



ただ、その人の将来性も考慮したほうが良いのかもしれません。例えばまだ働き盛りの方でしたら、将来年収が上がるかも知れませんし、何らかの資格や特殊な経験があれば、転職を機に給与アップが狙えるかも知れません。



逆に年収は申し分ないというケースで、将来リストラなどに遭ったら、そのピンチをしのぐだけのタフネスさがあるかどうか。



そういったことはプロフィールではなかなか伝わってこないことです。また、女性の方が自分でも収入を得ているかどうかも関係してくるでしょう。



単純に年収で線引きせず、その人の人間性がプロフィールで伝わってきたら、一度会ってみるというのも良いのではないでしょうか。



お見合いで会ってみて、もしかしたらすごく気が合うとか、魅力的な方だと感じることがあるかも知れません。総合的にその人の個性を知ることは、良きパートナー探しにおいては大切なことでしょう。



最新記事

すべて表示

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所を選ぶにあたって幾つかのパターンがあると思います。 1つは、友人知人や会社の同僚などからすすめられた相談所を選ぶ。 もう1つは自分でネットなどで調べる。 また、選ぶタイミングも人それぞれでしょう。 早いタイミングで結婚相談所を積極的に選ぶ。 または、いくつかの婚活サービスを試した後、最後の手段として結婚相談所を選ぶ。 パートナーと出会いたくて、アプリを使ってみたり、友達と一緒に街コンやお