検索
  • INFO WO

お見合い用のプロフィール②

自己PRのボリュームは、多すぎると読みにくくなりますし、少なすぎるとやる気が無いと思われる可能性があります。300~400文字くらいが妥当でしょう。何について書くかは、担当のカウンセラーさんに聞けば具体的な項目を挙げてくれるでしょう。ですのでここでは割愛しますが、気をつけた方が良いことがあります。それは、自分を知ってもらうためのインパクト(もしくは具体性)を伝えることです。



趣味や仕事について、全ての項目に対して一問一答形式で終わるのではなく、自分が一番伝えたいこと・推したいことを具体的に書く必要があります。趣味であれば、その趣味に行き着くまでのエピソードやその趣味を通じて自分が学んだこと、仕事であれば自分のこだわりやこれからどのように成長したいかなど。この点については男性と女性で書き方が異なってきます。書き方次第では、パートナーとなるのは難しそうだなとか、自己主張が強いなと思われるケースもあるので、注意が必要です。



そして、自分が将来結婚するとしたら、こんな新生活を送りたいといったイメージを書くのも一つのやり方です。相手の方が、プラスのイメージを持てるような内容であれば、好印象を与えることができるでしょう。



自己PRの中に、自分のストーリーを書き込めるかどうかという点も、こだわってみてはどうかと思います。自分の中身・考え方・生きざまが伝わるような自己PRが書けるかどうかで、プロフィールを見たお相手に与える印象が変わってくるでしょう。たかが自己PR、されど自己PRです。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す