検索
  • INFO WO

お見合いパーティが苦手な人

お見合いパーティや街コンで異性と話すのが苦手な人が、短期間で慣れるのは難しいでしょう。かといって回数を重ねていけば、時間とお金と精神力を使って疲弊してしまうでしょう。


婚活では、結婚相談所とそれ以外の婚活で向き不向きがあります。その違いの一つがコミュニケーション能力です。短期的な出逢いをただ自力で繰り返すか、1時間から1時間半のお見合いを通じてじっくりお話しするか。



特に30代で条件等が普通の男性であれば、よっぽど結婚相談所の方が結果を出せるでしょう。まず、異性との話し方については仲人がレクチャーしてくれます。お見合いの練習などをしますから、それらを通じて苦手意識の改善が期待できるでしょう。



そしてお見合い前にはお相手のプロフィールをよく読みこんで質問を考えておきます。単純に趣味について聞くのではなく、その趣味を深堀りするような質問を考えます。最低3つの質問を考えます。これも仲人と打合せが可能です。



ファッションについても、レクチャーを受ける事ができます。



そしてお見合い当日。仲人の同行も可能です。そしてあらかじめ考えた質問を繰り出し一生懸命お話しをしようとすれば、あなたの頑張りはきっと伝わるでしょう。誠意は相手に伝わります。



それから交際へとつながるか、お断りされるか。仲人にお見合いでの会話の流れをできるだけリアルに伝える事で、どこに改善点があったかがわかります。



そうして、交際へと進んで行けば、相手への思いやりを持ってコミュニケーションを図り、引き続き仲人とやり取りを行い改善点を見つける事。そうする事で自分のコミュニケーション能力が向上していきます。



仲人との二人三脚での活動が、きっとあなたを成長させるでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す