検索
  • INFO WO

お見合いを申し込む

プロフィールを完成させると、いよいよ会員登録です。このプロフィールに関しては、仲人との話し合いによって、内容を作りこんでいくというのが一般的なやり方です。自分の力だけで完成させようとしても、内容が不十分になってしまうケースが多いからです。



仲人が、客観的に会員さんの良い面を理解し文章化することも、大切なプロセスです。しかしながら、会員さんの人となりというのは、簡単に理解できないということもあります。ですから、当相談所では、自分史というものを作成頂いています。



この自分史というのは、その人の幼少期からこれまでに経験した出来事や、その時に感じたことを記載頂き、その人の年表を作ります。この年表から浮かび上がってくるその人の性格や考え方、感じ方を理解することができます。



その、自分史に基づき、会員さんの持ち味を仲人コメント欄に反映させます。また、今後の会員さんとのやり取りについても、それを参考にスムーズに行うことができます。



そうして、準備が整ったら、お見合いの申し込みを行います。この申し込みは積極的に行わなければいけません。お見合いが成立する確率は10人申し込ん1人程度と言われています。当然ながら個人差がありますから、とにかく積極的に申し込みを行う。



そうやって、攻めの婚活を行う必要があります。待っていてばかりでは何も進みません。この点は仲人のアドバイスをもらいながらのさじ加減になりますが、基本姿勢は積極的に動くこと。そうして婚活を進めていくのです。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す