検索
  • INFO WO

お見合いの話題

お見合いでは、お互いのプロフィールを読み込んでから臨むのが普通です。という事は、事前に自分の情報をお互いがある程度は知っているというスタートになります。

趣味についてはプロフィールに書いてある筈ですから、ご趣味は何ですか?などと質問はい不必要です。逆に書いて無ければ特に趣味と呼べるものがないという事ですしょう。

趣味や好きな事などのエピソードを聞く場合、現在、過去、未来の順で、深掘りの質問をします。例えばテニスが趣味なら、「今はどれくらいのペースでされてますか?」「いつ頃からどんなきっかけで始められたのですか?」「これからもずっと続けていかれますか?」


旅行が趣味なら、「最近どこに旅行に行きましたか?」「今まで行った中で印象に残ったところはどこですか?」「今後行ってみたいところはありますか?」など。

趣味が特に無い人は、プロフィールには好きな事について書きましょう。そうすれば色々と書けるはずです。

趣味については、株・投資・FXなど、ギャンブル性を感じさせるので注意が必要です。

マニアックな趣味(アニメなど)は自分として外せないなら仕方ないですが、好き嫌いが分かれるので、どこまで自分がこだわっているかを考慮しましょう。

極端にアクティブな趣味(例えばワンダーフォーゲルなど)を書くと、相手が付いていけない可能性があるので、あえて書かない方が良いかも知れません。

逆にグルメ、美味しい店巡り、海外旅行、国内旅行、スポーツ、トレーニング、ショッピングなどは話も盛り上がりやすいでしょう。そいう点を踏まえ、プロフィールを作ると良いでしょう。

そういう話のネタをプロフィールに書き、お互いがそれらを深堀りする。そうやってお互いコミュニケーションを取りながら相性を探っていくのも、お見合いの目的の一つになります。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す