検索
  • INFO WO

お見合いで気を付けたい事

お見合いは初対面の場ではありますが、お互いが最低限のマナ―も守れないようでは、婚活は上手くいかないでしょう。以下は気を付けたい事を記載します。

自分の想像と違った人が現れた時、早々にお見合いを切り上げようとする。もちろんプロフィール上の写真が100%その人を反映させるかというと、そうでは無いかも知れません。しかし、お見合いが成立したこと・お見合いができることに感謝するとともに、相手への気遣いをするなら、早々に切り上げたり、途中退席のような行動は取れないでしょう。

欲しい子供の人数など、具体的な結婚話をする。まだ、お見合いの段階なのに、結婚後の話を聞かれて気持ちが高まる事はないでしょう。会話の流れによっては出る話題かも知れませんが、突発的に発言するのは控えましょう。

過去の恋愛話をしてしまったり、お付き合いした人数などを聞くなど突っ込んだ話をする。これらの話は誰も聞いて幸せになれません。聞いても仕方ない事ですし、誰も望んでいません。これも会話の流れ上話すのであれば良いのですが、自発的に聞いたり話したりするのはやめておきましょう。

お見合いの回数などについての話題も控えるべきです。その人の婚活を聞くのはプライバシーの侵害です。とりあえず初対面で聞く内容ではありません。


相手のプロフィールに書いてある内容を、あたかも見ていないかの如く質問をする。これは相手にとっても失礼ですし、お見合いが決まったら相手のプロフィールは読み込んでおくべきでしょう。

一方的に話す。もちろん長めの話をする展開もあるでしょう。自分の事を説明したり、聞かれたことに答えたり。ただ、そうやって自分が一通り話したら、相手にも質問を投げかけるというバランスが必要です。結局お見合い後に相手の情報が全然得られなかった何てことになりかねせん。

お見合いNG集という資料もあります。お見合いは初対面の大事な場です。ミスの少ないような心がけが大切でしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す