検索
  • INFO WO

お見合いでの経験値

あなたがお見合いをするとします。自分としては交際にはつながらないなと思ったとき、どういう態度を取りますか?ベストを尽くしますか?



中には、お見合いが早く終わって欲しいと思いながら、適当に流すという人もいるかも知れません。期待が高かったらそれも仕方のないことですが、手を抜くという行為は果たしてどんな未来をもたらすのでしょうか。



手を抜きながらの無駄な1時間を過ごすか、自分に取ってレベルアップのいい機会だと思って前向きに取り組むか。どちらが有意義でしょうか。



お見合いの場数を踏むということは、経験を積むということ。その経験の価値を高めるためには、やはりお見合いに全力で取り組むことではないでしょうか。もちろん正解はありませんし、交際希望に至らない相手と話しても疲れるだけだし、早く終わって欲しいというのも、本音でしょう。ですが、一度客観的に考えてみて下さい。



自分は交際希望に至らなくても、相手から交際希望が来るようなコミュニケーションをお見合いでは常に取ることで、得られるものはないでしょうか。それが経験であれば、いざ、いい人とめぐり逢えたら、それまでの経験を活かし、万全の態勢でコミュニケーションをばっちり取れば、交際成立の確率も上がるのではないでしょうか。



そういうチャンスを取り逃さないよう、日頃から意識してどんな相手でも前向きにお見合いに取り組んでみませんか。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す