検索
  • INFO WO

お相手の条件(女性編)

相談所を通じた婚活を行う際、お見合いを申し込んだり、申し込まれたりする場合、当然ながらお相手の男性のプロフィールを確認します。年齢・身長・体重・学歴・年収など。



ここで、何を重視するかです。考え方は人それぞれですが、この中で身長・学歴は変えようがありません。確かに身長にこだわる女性もおられるでしょう。身長で絞り込むことでお相手を限定してしまうことになります。努力で変えられないことにどこまでこだわるかです。



学歴も同様です。一方、体重は本人次第で変えることが可能です。厳しい言い方ですが、体重が重いのは本人の努力不足ではないでしょうか。ダイエットは確かに大変です。日頃忙しくて疲れているときに、ダイエットしている暇がないという人も多いでしょう。



お相手の年齢に対する、ご本人のこだわりもあるでしょう。ただし、自分の年齢と比べて、何歳までならOKとするかで、お会いできる男性の数はぐっと変わります。この点はご本人がどう考えるかですが、カウンセラーとも話をして、慎重に検討しましょう。



最後に年収ですが、生活力という上では判断材料になるのは当然だと思いますが、こんな時代なので、いつリストラ対象になるかも知れないということは頭の片隅に入れておきましょう。もしそうなった場合に、相手の男性に生命力のようなものを感じ取れるか、自分もついて行こうと思えるか、仮の話ではありますが、そういう覚悟も必要ではないでしょうか。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す