検索
  • INFO WO

お家に行く

プロポーズを受けた後に、初めて相手の家に行くのはご両親との相性を考える上でリスクがあります。



万が一相手のご両親の反対にあった場合、破断ということも考えられますし、ご本人とお相手ご両親との相性がどうしても悪いと家族付き合いが難しくなります。



ですから、真剣交際に入ってどこかの段階で一度相手の家に顔を出しにいくことを推奨します。



ただ、彼の家に行くとき、何かのついでで行くのは気を付けた方がいいでしょう。ラフな格好などは相手ご両親の心象が悪くなる可能性があります。



意識して清楚なイメージの装いで行くのがよいでしょう。



逆に自分の実家に彼を連れていくときも同様、彼の方もある程度しっかりした服装で行くのがいいでしょう。



ご両親との対面は、クリアすべきハードルの一つです。結婚は二人だけの問題ではありません。



お相手のご家族ともお付き合いしていくことになりますから、その人となりもあらかじめ知っておいた方が良いでしょう。



そして、2回目の訪問は、ご挨拶に伺う時。プロポーズが無事成立したら、ご両親に正式に挨拶をしに行きます。



その際きちんとした服装で。手土産も忘れずに。緊張するかも知れませんが、大切な儀式と思って下さい。



2回目の訪問ということで、相手も受け入れる体勢はできているでしょうが、大切な場だと意識しましょう。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す