検索
  • INFO WO

お会計時の女性心理

以前にも書きました、お食事などをした後のお会計はどのようにするかという問題があります。最初のデートは女性に男性がおごるというのが無難であり、喜んでもらえると書きましたが、それとは別のケースがあります。



女性として、おごられるのが嫌だという場合です。これは、気が利くとか優しさが理由でそうすることもありますが、別の可能性もあります。おごられるほどの関係性では無いという意味合いが込められている時です。



この場合、相手が気乗りしていない・冷めているとも考えられます。そういう点でも、まずは男性が気持ち良く全部出すくらいの勢いが必要です。



もちろん出費は大きいでしょうが、それ以降もお付き合いが続くのであれば、決して高くつくということはありません。それに、段々女性の方も、気を使って自分も出すと言ってもらえるでしょう。



逆に言えば、ずっとおごってもらう女性は気を付けた方がいいかも知れません。いつまでたってもおごられてばかりでは、自立した女性と見られないと思いましょう。ここは私が、という提案に、男性も嬉しくなります。高いお店に行く必要はありません。その心意気が嬉しいのです。



とりあえず、最初のデートは気合でおごりましょう。そして女性が拒んできたら、じゃあ次ご飯行ったときはよろしくお願いしますねと言っておきましょう。





最新記事

すべて表示

現在、兄の家に住む母のサポートを行っています。兄弟4人で協力し、曜日ごとに兄の家に行く日を決めています。僕の場合であれば毎週水曜日に母の家に行く事になっています。 母の足腰を鍛えるためにシルバーカーを押して20~30分近所を散歩しています。ちょっとした運動ですが、筋力の衰えを抑え鍛える目的で行っています。 昨日母から、近所の百貨店まで歩いて行こうと言われたのですが、現状ではおそらく無理で、もっと足

婚活においては、男女双方のテンションが同じくらいなるのが理想です。 しかし、一般的には男性のテンションは出逢いの段階から高く、一方で女性は様子見をしながら最初はテンションが低いと言われています。 ですから女性から見ると、最初は数回のデートやLINE等のやり取りを重ねていくうちに、相手の事を徐々に知って、親しみを持てる関係に進んで行きます。 一方男性から見ると、出逢いの瞬間から相手への好意を持ってい