検索
  • INFO WO

おごられる?少し出す?


デートをした際のお会計についてですが、どのように支払うかという問題があります。このことに関しては、一見矛盾に見えますが、心構えとしてお伝えします。

まず、男性はおごることです。ここで、中途半端に千円とか二千円とかを求めてはいけません。その行為に対して、女性の評価が下がることがあるからです。二千円をもらうことで、せっかくの関係が崩れるなら、思い切って全部出すと言うのがセオリーです。

一方で、女性は、お会計の3割くらいを負担する心構えでいる方が良いでしょう。男性の好意に甘える癖がつくと、男性の負担が大きいことと、相手に与える印象が変わってくるからです。3割負担を提案しても、先に書いたように、男性がおごることが通例ですから、その場合は受け入れてよいでしょう。その代わり、次のお茶代は出しますとか、自分のアピールポイントを持っておいた方がよいでしょう。

あと、もう一つ知っておきたいポイントがあります。デートのお会計を、女性がどうしてもワリカンにすると言ってきたとき、それは今回きりで関係を終わらせたい、いわゆる手切れ金であることが考えられます。この場合は、向こうの気持ちが離れてしまっているのでどうしようもありませんから、素直に半額もらいましょう。

男性にはおごることを勧め、女性には3割負担もしくは次のお茶代をおごる。この一見矛盾したアドバイスは、しかしながら、心構えという点では合致しています。お会計問題は後々に響いてきます。臨機応変に対応しましょう。

最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す