検索
  • INFO WO

いよいよ真剣交際

仮交際も終盤に近付くと、担当仲人から、真剣交際への意思の有無を聞かれます。その際、まだ決めかねているということであれば、引き続き仮交際を行いますが、いよいよ本気でお相手との結婚を強く意識してくると、真剣交際へと進展すると言うことが見えてきます。



この人と一緒にいたいと言う気持ち、仮交際から一人に絞って欲しいという考えなど、友達以上恋人未満の状態から真剣な関係性になりたいと思う時、その道が開けます。



この、お相手と真剣にお付き合いしたいとなると、担当仲人にそれぞれが話をします。そして、お互いの気持ちを理解した上で、男性の方から告白します。この告白は二人の気持ちが一致していることがわかっているので、失敗することはまずありません。



そうして、結婚を前提としたお付き合いが始まります。最初は仮交際の延長で、食事デートをしたり、一日デートをしてお互いの相性を再確認します。そうして、結婚をいよいよ意識してくると、それとなしに将来のことを話したり、家電量販店や家具屋などに行ってみて、将来のイメージを高めたりします。



結婚を前提にお付き合いすると言っても、お互いの気持ちが同じように高まっていない段階で、結婚に対し露骨な話などをすると、相手が引いてしまうこともありますので、この点は注意しましょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す