検索
  • INFO WO

いつまでに結婚するか

結婚相談所に入会される方で、できれば早く結婚したいという人は多い訳ですが、その、「早く」という感覚的なものを、具体化する必要があります。



ご入会されて最初の面談で、いつまでにご成婚するかスケジュールを立てて頂きます。漠然と、1年くらいと考えていると、具体的な活動方針を立てるのは難しいでしょう。



IBJでの成婚まで要する日数の平均は、男性で10ヶ月、女性で9.5ヶ月となります。少なくともこれまでに成婚しようと考えるのが普通です。そして、これはあくまで平均値であり、もっと短い人は沢山いる訳ですから、より短期間での活動も可能になります。



例えば4ヶ月とか半年とか、目標を立てて活動方針を具体化するのが、入会した最初の作業になります。



お見合いからご成婚までに要する期間は3ヶ月と想定しています。ですから、例えば成婚目標が半年であれば、入会して3ヶ月以内に結婚相手を見つける。そのためにはできるだけ多くの人とお見合いを組む必要がある。



10人~20人にお見合いお申込みをして1回成立すると仮定して、例えば月に4回お見合いを組もうと思ったら、少なくとも60人にお申込みする必要があります。これをしんどいと思わず、当然の数字と考えて申し込みをする必要があります。



そして、お見合いを組んだ人の中から、将来の結婚相手を見つけていくことになります。時間は貴重です。1年なんてあっという間です。その間に目標を明確に立てて取り組むかどうかで、結果は大きく変わっていくでしょう。



せっかく入会したからには、結果を残すために最善の手を尽くすべきです。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す