検索
  • INFO WO

いざお見合い

お見合いで気を付けることは、何といっても第一印象です。そして特に重要なのは視覚情報です。お見合いの時などは色々と気にしないといけません。髪型、服装、メイク、小物、靴など。どこかにスキがないかチェックして、鏡で自分を眺めて、いざ出陣。全体に清潔感があるように。鼻毛のチェックも忘れずに。



笑顔でハキハキとあいさつができればグッドです!自分の中でテンションを高めて、あなたに会えて良かったと心から思ってあいさつしましょう。



いざお見合いになったら、会話のキャッチボールが大切です。一方的なお話しは、相手も聞いていてしんどかったりします。盛り上がっていたつもりが、自分だけ舞い上がっていたなんてことも。



また、逆なこともあります。相手がなかなか話しをしてくれなくて、沈黙が怖くて精一杯話をして、何とかその場を切り抜けたけど、二度とお会いしたくないなんてケースも。



会話の切り出し方としては質問が大切になります。1問1答形式で話を終わらせるのではなく、広げていく質問が必要です。例えば旅行が好きだったら、


「海外と国内とどちらの旅行が好きですか?」

「最近はどこに行かれましたか?」

「〇〇ですか~。良い所って聞きますね!遠かったですか?」

「そうなんですね、意外と近いですね!一回行ってみたいな~。ちなみに〇〇で面白い所とかありましたか?」

「そうなんですか。初めて聞きました。いいですね!何か美味しいものはありましたか?」



などなど。要は相手にどれだけ興味を持てるかということですね。興味が湧けば色んなことを聞きたくなりますよね?そういう気持ちでいれば、自然と質問したくなりますし、相手のことを知ろうと思います。緊張して上手く質問ができないという人であれば、事前に質問を練っておくのも手です。



一期一会と考える。思いやりをもつ。お互いを知る。そういう心がけがあるかないかでお見合いの成果は変わってくるでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す